離乳食の進め方はどうしたらいい?

新ママさんは離乳食の進め方で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
いつから始めたらいいの?
離乳食の本には5か月から6か月と書いてあるけれど、
うちの子はミルクが好きでミルクばかり飲むけれど大丈夫なのかしら?

 

そんな新ママさんは大勢います。
そこでオススメしたい離乳食の進め方を紹介します。

 

離乳食の進め方


まず大前提に、離乳食開始に規則や正しい時期などはありません。
そして、無理に離乳食を進める必要もありません。

 

まだまだミルクが飲みたい、ご飯には全く興味を示さないというベビーにとって、離乳食は異物でしかありませんから、食べないのも当然です。

 

ですからミルクがまだ欲しい、というベビーに関してはミルクを進めていきましょう。

 

そして離乳食を開始する動向として見られるのには、大人が食べているものをなんとなくしげしげと見つめる、もぐもぐと自分も指を噛んでいる動作をする、そのような傾向がみられると始めてもよい時期であろうと思われます。

 

10分がゆ〜ごっくん期

 

まずは10分がゆから始めましょう。

 

離乳食の始まりは10分がゆです。
おかゆをさらにどろどろにして、噛まずにそのままごっくんと飲みこめる状態にするものです。
最初はおかゆ1さじから始めますが、もっと欲しがるようでしたら2さじ、3さじ与えても構いません。
その後はミルクをたっぷり与えましょう。

 

その後の進め方としては、おかゆだけでなくお野菜を煮てすりつぶしたものや白身魚をすりつぶしたものを与えていきます。
色々な味を覚えることで、ベビーがご飯って美味しい!楽しい!
と思えるように工夫してあげるとよいでしょう。

 

その後舌でつぶせる硬さのものを与えるようになります。
ドロドロ状態から若干粒を残したおかゆから始めますが、この時期からはお野菜も同時に始めて良いでしょう。
豆腐や白身魚などのたんぱく質も摂り入れ、卵なども試してみましょう。
また、デザートとして果物の果汁やペーストなどを与えるのも味覚の刺激となって良いでしょう。

 

もぐもぐ期

 

次はもぐもぐ期です。歯茎でつぶせる硬さのものが目安となります。
もぐもぐ期は個人差がありますから、噛めなくて吐き出すようならまだ舌でつぶせるもので進めましょう。

 

離乳食を進めるのに焦りは禁物です。

 

もぐもぐ期もしばらくたったら、料理のレパートリーを増やします。
おかゆも通常のおかゆにしてみたり、野菜や白身魚などはくたくたに煮て、そのまま与えます。

 

後期


後期食として噛むことができるようになってきたら、柔らかく炊いたご飯、野菜の炊き合わせ、アレルギーを見るためにもカニカマやそば、小麦のつなぎで作ったおやきなどを与えてみましょう。

 

このころになると手づかみ食べというものが始まります。
自分でご飯に手を伸ばし、口に持っていってこぼしながらも食べるという行動が見られます。
散らかしながら食べますから、幼児の座っている椅子の下には新聞紙などを敷いておくようにしましょう。
おかゆならまだおかゆでもよいですが、食べられるようならご飯も食べやすいようにおにぎり状にするなどしてみましょう。
豆なども摂り入れ、栄養バランスを図ります。

 

 

このようにして離乳食を進めていきますが、これはあくまでも例であり、絶対ではありません。
ベビー1人1人個人差があって当たり前、食べ進め方もそれぞれです。

 

手作りが難しいのなら今では豊富なレトルト食品がありますからそれを活用してもよいでしょう。
カレーなどは多くの幼児は好んで食べますから、ストックしておくと良いですね。