離乳食、食べないときもありますよ

うちの子、全然食べてくれなくて母乳から離れられないのよ、という新ママ特有の悩みがあります。
最初から食欲旺盛な子であれば、離乳食もどんどん進み、自然と大きくなっていくものですが、
なかなか食べてくれず母乳やミルクばかり欲しがる幼児に多少の不安を覚える新ママは多いようです。

 

では一体どうして幼児は離乳食を食べないのでしょうか。
実は原因はいくつかあります。

 

離乳食をたべない理由


まず、離乳食の時期が合っていないという点があります。
早すぎる、遅すぎる離乳食は幼児が食べられないもしくは食べ飽きてしまっている可能性があります。
ですから食べない幼児に限っては離乳食の段階を一段階戻すことも必要です。

 

また食器に慣れてしまい、同じものだと満足しないという幼児もいます。
これを解決するにはいつもと違うお皿やフォーク、スプーンを使って、幼児の目を引きます。
違う感覚で食べる雰囲気は幼児の食べる気持ちも大きくさせます。

 

また、離乳食のメニューはマンネリ化していませんか?
いつも同じようなおかゆやかぼちゃなど、食べやすい食材ばかりを使っていませんか?
そのような場合、幼児が食べ飽きてしまっているということも考えられます。

 

大人でもそうですね、また同じご飯か〜というような感じです。

 

幼児も同じように感じているので、新しい食材をプラスしてみましょう。
初めての食材を試す場合には病院が開いている時間帯を狙って食べさせるのもコツです。

 

 

食べてもらう方法

 

どうしても食べてくれない!
とストレスが溜まっているママのストレスは、幼児にも伝わります。
ですから、たまには手抜きをしてレトルトのベビーフードを使ってみましょう。
意外にレトルトだとパクパクと食べてくれる幼児は多いものです。

 

赤ちゃん専用の企業が赤ちゃん向けに開発しているご飯やおかずですから、なおのこと赤ちゃんの好みに合っているのでしょう。
ですからたまには手抜きをしてベビーフードをあげてみるとよく食べてくれるという幼児は多いです。
ベビーフードばかりを推奨するわけではありませんが、ベビーフードで成長したという幼児もいますから、手作りに必死にならなくてもママは良いのです。

 

一緒に食べるのも効果的

 

食べてくれないのには何かしら理由がありますから、それをママは探しましょう。
例えば料理をしている姿を幼児に見せてみましょう。
今からあなたのご飯を作っているんだよ、というように、食材をカットしたり刻んだりしているのを見せてみると、幼児も興味を示します。
ママも一口離乳食を食べて、美味しいなという表情を見せてあげることもたまには必要でしょう。
幼児も美味しそうなものなのかな?
と思うようになります。

 

食べてくれない幼児には、”食べるということは楽しいこと”ということを覚えてもらうことが第一です。
無理強いをせず、その子その子によって違う成長を見せながら進めていく必要があります。

 

なかなか食べてくれないとママやパパは焦ってしまいますが、焦りは禁物、いつかは誰だってご飯を食べるようになります。
その時期を見ながら離乳食をたまには手抜きをしつつ、進めていきましょう。